太陽星座 水瓶座

こんにちは、星読みスト彩乃です。


今年2021年の立春は2月3日になる関係で、節分は2月2日だそうです。

太陽黄経が315度になった瞬間、2月3日23時59分で立春になり、
あと1分で2月4日だったということです^^

2月2日が節分になるのは124年ぶりだそう。

さて占星術では、太陽はすでに1月20日5時40分頃水瓶座に入座し、
昨年末に入座した土星、木星共に
水瓶座らしい雰囲気を醸し出しているのは

米国のバイデン大統領就任式の演説で
コロナウィルス感染克服もありますが

人種差別や移民排除主義で国が引き裂かれてきた
ことに対し、お互いを尊重し連帯するという
民主主義と自由と平和を願うことを語っていて感じました。

水瓶座の理想主義ばかりではないと思いますが、
「風の時代」と言われる生活様式の変化を受け入れ
さまざまな価値観を持つ人々との繋がりを大事にしていきたいですね。

今日は水瓶座について書いてみますね♪

山羊座にいた土星、冥王星に加え木星が移動してきた2020年は、
新型コロナ感染拡大に翻弄された年になり

年末に土星、木星が水瓶座に入座するのを待たず
水瓶座の象徴であるインターネットなどの
リモートワークをする、

人との距離を空ける(水瓶座の支配星の天王星は
離れる、という象徴があります)ソーシャルディスタンス、

山羊座の社会性を重んじる組織などの崩壊・・
多くの方々が途方にくれて悲しいです。

ですが、既存の価値観に固執する社会には
もう依存することはできなくなっています。

それぞれが自立し、もっと自由で個性を重んじ
未来に役立つ思考が必要になっていきます。

広い視野で、社会的な立場を超えて
人々と繋がり合えたら・・というのが
水瓶座の理想です。

前の記事

太陽星座 山羊座